注文住宅は営業担当次第

建売住宅をパッと買ってしまってすぐに住めるのなら良いのですが、注文住宅の場合は設計から引き渡しまでとても長い期間ハウスメーカーとお付き合いすることとなります。うちはコンセントが足りなくて、群馬の業者にコンセントの増設をお願いしました。となると、大事なのは営業担当です。相性、というよりも普通に良い接客を行える普通の人なら良いと思うのですが、中には付き合っていくうちに「あれ…?」と思う人もいるようですね。面接官のように相手を短時間で見極めることは難しいですが、やはり家を建てる上で、これはもうハウスメーカー云々ではなく営業担当次第だなと思ったこともありました。一度嫌だなと思ったら、そこからは地獄です。仕事から帰ってから嫌な人と打ち合わせを行わなければならないのは苦痛でしょう。私の場合はそうならなかったので良かったと思いますが、良いタッグを組めなかった場合を考えると恐ろしいです。良好な関係を、たとえうわべだけでも続けた方が絶対に自分のためになる、自衛になるであろうと感じました。

地震に強い家はもはや売り文句にならない

ネットでハウスメーカーの公式サイトを見てみると、地震に強い家というのはもうキャッチフレーズにならないと思いました。というのも、法律で定められたものがそもそもあるのです。ハウスメーカーはそれにプラスアルファしていかに強い家を作るかということを競争していますが、地震大国であるこの日本で、それをしないハウスメーカーの方が珍しいでしょう。だから、ここはハウスメーカー選びのポイントにはなりえないなと考えました。私が気になったハウスメーカーを絞り込んでいった時、どれもが地震対策をしっかりやっていたのです。だから、それ以外の要素で1つに絞るべきだと思いました。私の場合はデザイン性よりも機能性です。デザインはその時には魅力的に感じますが、数十年間暮らすことを考えるとより大切なのかいかに快適に暮らせるかではないでしょうか。ということで、断熱性が高いハウスメーカーに絞り込みました。四季のある国で年中快適に暮らせるなら満足です。

ちょっとした内装デザインがおしゃれ

うちの注文住宅は、階段の壁部分に長方形の穴が等間隔で開いており、これがちょっとしたチャームポイントとなっています。基本的にシンプルな家にしたつもりではありますが、安くておしゃれなインテリアにできるというところはそうお願いしてみました。他には、玄関から家に入って正面にすりガラスがあります。この窓の向こうはキッチンになっていて、夕飯を作っている時にも誰かが帰ってきたことがいち早くわかるようにしています。けれど、透明な窓だとお客さんが来た時などにちょっと気まずいので、あえてのすりガラスです。夜なら玄関に明かりがついたり、人影が見えるとそれだけで誰か帰ったとわかるのには十分です。その他で言えば、家族一人一人こだわりが強くて、各部屋フローリングと扉の色の濃さが微妙に違うのが特徴です。普通は統一するものなのに、強情というかなんというか。家を公開した時にはやってきたご家族に「まさか1軒で全部のカラーが見られるとは思わなかった」と言われました。

ライフスタイルにあった二世帯住宅

両親は後期高齢者なので、お互いのライフスタイルも大きく違い、やはり各々のスタイルにあった暮らしを充実させるような二世帯住宅にしたいと考えるようになりました。寝る時間・起きる時間など全く違うので、同じ空間で生活するのは互いにとってストレスになるだろうと思い、二世帯住宅は1階部分は両親が住んで玄関も分けて、全く顔を合わすことがないような造りにしました。両親の部屋に大きなアンティークのテーブルがあり、そこでみんなで食事をしたりします。そうすることで、プライベートな部分も大事にすることができるし、色々と小言を言ってくる両親なので、別々の空間を確保した方がトラブルにならずに生活できると思い、ライフスタイルにあった二世帯住宅にしたことで、かなり快適な空間で生活しています。なので、用事がある時はすぐ1階へ行くようにしていますし、なかなか上手に生活ができるようになったので、快適な日々を過ごせるようになりました。二世帯住宅はトラブルも多いと聞いていたので、こうした取り組み方で良かったと実感しています。

二世帯住宅は地震に強いこと

地震で家を修繕することになったので、二世帯住宅にすることにしました。やはり重視したポイントは、地震に強い住宅にすることが大切なので、杭打ちなどしっかり行った上で建設するようにしたことで、かなり快適な住まい環境になりました。大きな地震がきてもビクともしないような住宅にしたことで、安心した住まい環境になります。やはり地震で玄関が閉まらなくなるなど、家が傾いたこともあり、二世帯住宅へ建設しなおそうと考えていたので、地盤を補強してから二世帯住宅を建設したことで家族で安心して生活することができるようになりました。地震があってから家が玄関の方へ一時期は傾いていたので、このままだと体への支障も出てきますし、生活する上でよくないと感じていたので補強工事をするなら二世帯住宅を建設した方がよいという結論になったので、大手住宅メーカーの営業担当の方と予算も含めてジックリ相談することができ、とても理想的な住まいができました。

これからの住まいに欠かせないもの

ZEH住宅はこれから次々増加していって政府のエネルギー政策で2020~30年までに目指すべき住まいの形として新築住宅でZEHが取り入れるのが目標となっています。これから先を見据えてエネルギーと住まいの明かり方考えて下さい。またZEHの一番のメリットは光熱費抑えられて、これにするには一般住宅に比べて2割以上の消費エネルギー削減や消費エネルギー以上の創エネ能力備えた住宅にする必要があり、実質的に月々の高熱費0となり、家計にやさしいです。暑いとき、寒いときエアコン、石油ヒーターを使用する人が多いです。エアコン、石油ヒーターを使用するとき二酸化炭素発生して地球温暖化になります。ですが、ZEHは高気密、高断熱住宅がベースとなり、エアコン、石油ヒーターの使用減らせて、太陽光をエネルギー資源としていて環境にやさしい住宅なのです。そして、注文住宅検討酢する方は、開放感がある窓を考えてるでしょうが、ZEHは断熱重視していますから、熱が室内はいりやすいおおきい窓は難しいです。

カテゴリー: 未分類

快適に暮らせるような家になっている

省エネ住宅は家自体性能あげてエアコンはじめ家電製品のエネルギー消費抑えられるように工夫されています。自然エネルギーを効果的に活用していってここちよく過ごせる工夫をしています。エネルギー消費抑える住宅といえば、暮らしにくいイメージがありますが、省エネ住宅は自然エネルギーうまく取り入れて、二酸化炭素はじめ温室効果ガス排出おさえて、地球環境優しくて快適さ感じられるように設計されてる未来型住宅です。一般住宅に比べ建設費用などの初期費用高いですが、住んでからの光熱費が安くできてランニングコスト低く抑えられます。消費者が省エネ住宅見分ける方法に住宅省エネラベルの有無ですが、これは国土交通省、経済産業省が定めた省エネ基準クリアした住宅だけ表示でいます。そして、分譲住宅、注文住宅どちらにも表示できますが、対象になる住宅は新築一戸建てだけで長屋建て住宅、マンションは対象となりません。省エネ基準は断熱性以外西梅井などエネルギー消費するいろんな設備含め総合的に判断されます

カテゴリー: 未分類

二世帯住宅のメリット・デメリット

 二世帯住宅のメリットとデメリットについてお話ししたいと思います!まず、二世帯住宅には同居型、共用型、完全分離型と様々な種類の形がありますが、私の家族は一つの家に同居するという同居型の二世帯住宅で暮らしています。私たち家族が二世帯住宅で暮らし始めて一年ちょっと。そこでわかってきたことお話します。
 まずはデメリットから。私たちの家はもともと二世帯住宅ではなく、祖父母の家に私たちが引っ越してくるという形で二世帯住宅となりました。一階は共同スペースと祖父母の寝室があり、二階に私たちの寝室などがあります。住んでみて大変だったことは、洗面所が一つしかないこと。そして、祖父母と私たちの価値観の違いです。洗面所に関しては、もともと祖父母二人が使うことを想定して作られているので単純に人数が倍以上になり、朝や夜のご飯の後の歯磨きや、女性陣のメイク時、ヘアセット時などに非常に混雑し大変です。二つ目の、価値観の違いについてはどの二世帯住宅に住んでいらっしゃる方も直面することだと思いますが、生活リズムの違い、家事の分担の仕方、孫たちのアルバイトや帰宅時間についての考え方の違いが大きいです。そこは、話し合ってルールを決めるかどちらかが考え方を変えるというやり方で何とか折り合いをつける必要があると思います。
 次にメリットをお話します。メリットとしては、お互いの生活を助け合えることが一番大きいかと思います。子供世代はまだ働いていますが、祖父母はすでに定年退職しています。祖父母もそれなりに予定がたくさんあって、お互いに車で送り迎えをしたり、家事をしたり助け合って生活できるので生活の負担も減り、楽になります。また、メリットとしてもう一点あげるとすると、生活環境が改善され、きちんとした生活が送れるようになりました。自分たちだけだとなかなか部屋の掃除をする気に慣なれなかったり、風呂掃除をずっとしていなかったり、車を洗うことも何年もしていなかったりしませんか?実は二世帯住宅で生活をすることで、今まで違う生活を送っていた家族とお互いに生活を見合うようになるんです。最初はすごく嫌でしたが、自分たちの当たり前と他の家族の当たり前って違うんだと気づくことができます!それが実はすごいメリットなのではないかと思っています。

カテゴリー: 未分類

太陽光発電を考えてみた

環境問題が深刻化をしています。できるだけ環境に配慮した暮らしをしたいので、住宅を建てるときには環境に配慮した家にしたいと思っていました。
そこで取り入れてみたいと思ったことが太陽光発電です。日本はヨーロッパに比べるとまだまだ再生可能エネルギーの導入が進んでいません。我が家で少しでも再生可能エネルギーを作り、自宅でそれを使えば、二酸化炭素の排泄量を抑えることができ、環境を守ることにつながるのではないかと考えました。
また、太陽光発電で作った電気が余ったら買取ってもらうことができ、それで初期費用は回収できます。効率的にエネルギーを作り出せれば、家計の足しになるかもしれません。
後からでも太陽光発電を設置することはできるそうですが、住宅を建てるときに作ってしまおうかとも思いました。しかし、よく調べてみると初期費用が気になるし、電気の買取価格が下がってきているようです。住宅にはいろいろ費用をかけたいところがあるので、太陽光発電は断念してしまいました。

エコ住宅にしてよかったこと

エコ住宅にしたくて高断熱性の家を設計したのですが、それによって家族の生活が少し変わったように思います。
エコ住宅に住む前は、冬場に帰宅したときに家の中が寒くて、帰ったらすぐに暖房をつけることが当たり前になっていました。しかし、高断熱性の家にしたことで帰宅したとき室内が我慢できないほど寒いということがなくなり、即暖房をつけることがなくなりました。
エコ住宅に住む前はお風呂場が寒くて、お風呂に入りたがらない家族がいて、湯船のお湯の温度が下がってしまい追い炊きをすることになるので、ガス代がかかることが気になっていました。しかし、高断熱の家にしたことでお風呂場の寒さが和らぎ、家族が次々とお風呂に入るようになったので、追い炊きをすることが少なくなり、ガス代の節約になりました。
温かいと自然と心がほぐれるようです。冬になると寒くて憂うつそうにしていた家族も、今では冬でも明るく過ごしています。
思ってもいなかったメリットがありました。