いつかは建てたい自分だけの新築豪邸

家の決断は夫婦の絆が強くなる始まりでした

PR|大津市でゼッチのことなら|枚方市で平屋を建てるなら|耐震に強い注文住宅なら|

家族を持つと、自然と自分の家がほしくなるものです。その先のマンションなのか一戸建てなのか、はたまた賃貸なのか、持家なのかは、その家庭のバックグラウンドによる部分や育った環境によって、変わるとは思うのですが、私は断然、一戸建てでした。それは、父の影響です。父は結婚して3年で妻を亡くしました。そして、一心不乱に私を含めた3人の子供を育ててくれ、私が小学3年生の時に待望の一戸建てを持つ事が出来ました。そう言ったサクセスの中で、苦労して持家を構えた父を見て、かっこいい生き様と思った私は、自分も将来、家族を持ったら、一戸建ての持家を必ず実現すると、かなり早い段階で決意していました。

 

そんな私が一戸建てを構える事になるのですが、人生で一番大きな買い物ですし、失敗だったから、他の家に変更と言う訳には行かないので、購入する前に、やはり、多少の独学での学習はしました。その中で大事だなと思った事。それは準備と研鑽です。準備とは当然、契約する前に事前の打合せです。この準備の中で、どれだけ自分達のイメージをメーカーに伝える事が出来るかです。私は口下手なのもあったので、家の雑誌や事例集で、私のイメージに近いものを切り抜き、外観、リビングなど、カテゴリー別にファイルにして、そのイメージ集を元に打合せをしました。

 

その中で、プロの建築士などの意見も織り交ぜて行きました。動線の視点からアドバイスを頂いたり、イメージを出来るだけ、予算内で実現する為、キッチンやトイレのメーカーをワンランク下げたり、余計な装飾を減らしたりと、素人ながら、イメージ集を元に打合せをしたおかげで、スムーズな打合せが出来ました。メーカーの方にも、このイメージ集の持参は、褒められました。そして、いよいよ間取りとなる訳ですが、その間取りの中で、私達が拘った部分は、今と10年先と言う両方の視点での考え方でした。今は子供も小さいですが、子供も成長すると同時に、私も歳を重ねます。当然、ライフワークも変わってきます。

 

この2つの視点でいい案配の間取りを模索して、提案して頂きました。私が今回、家を構える上で、一番、良かったと思う点は、妻の主導で、進行して行くと言う事です。時代は変わっても、やはり、家にいる時間が長いのは女性です。なので、女性が快適に過ごせる事と自分が決めた事で愛着が出て来ると言う事で、家を大切にしてくれると思ったからです。おかげで、準備から施工、完成するまで、夫婦の会話が、とにかく多かったのは、今だに記憶にあります。夫婦の絆がより深くなった最初の始まりは、この家が完成するまでの期間だと思います。何かを成就する為には、家族や夫婦の絆は必要ですし、達成した時の歓喜も味わえます。一端出来た強い絆は、辛い事もきっと乗り越えられると思います。そういった事も含めて、住まいと言うのかなと住まいと言うのは深いなと実感しています。

PR|住宅リフォーム総合情報|エステサロンを上手に利用する情報サイト|工務店向け集客ノウハウ|クレジットカードの即日発行じゃけん|女性向けエステ.com|生命保険の選び方|健康に役立つ口コミ情報|AGAでお悩み解決|ダイエットチャレンジ100日|英会話ノウハウ勉強会|美容と健康女性ランキング|新築一戸建てを建てる時に読むサイト|マーケティング経営研究.net|