二世帯住宅のメリット・デメリット

 二世帯住宅のメリットとデメリットについてお話ししたいと思います!まず、二世帯住宅には同居型、共用型、完全分離型と様々な種類の形がありますが、私の家族は一つの家に同居するという同居型の二世帯住宅で暮らしています。私たち家族が二世帯住宅で暮らし始めて一年ちょっと。そこでわかってきたことお話します。
 まずはデメリットから。私たちの家はもともと二世帯住宅ではなく、祖父母の家に私たちが引っ越してくるという形で二世帯住宅となりました。一階は共同スペースと祖父母の寝室があり、二階に私たちの寝室などがあります。住んでみて大変だったことは、洗面所が一つしかないこと。そして、祖父母と私たちの価値観の違いです。洗面所に関しては、もともと祖父母二人が使うことを想定して作られているので単純に人数が倍以上になり、朝や夜のご飯の後の歯磨きや、女性陣のメイク時、ヘアセット時などに非常に混雑し大変です。二つ目の、価値観の違いについてはどの二世帯住宅に住んでいらっしゃる方も直面することだと思いますが、生活リズムの違い、家事の分担の仕方、孫たちのアルバイトや帰宅時間についての考え方の違いが大きいです。そこは、話し合ってルールを決めるかどちらかが考え方を変えるというやり方で何とか折り合いをつける必要があると思います。
 次にメリットをお話します。メリットとしては、お互いの生活を助け合えることが一番大きいかと思います。子供世代はまだ働いていますが、祖父母はすでに定年退職しています。祖父母もそれなりに予定がたくさんあって、お互いに車で送り迎えをしたり、家事をしたり助け合って生活できるので生活の負担も減り、楽になります。また、メリットとしてもう一点あげるとすると、生活環境が改善され、きちんとした生活が送れるようになりました。自分たちだけだとなかなか部屋の掃除をする気に慣なれなかったり、風呂掃除をずっとしていなかったり、車を洗うことも何年もしていなかったりしませんか?実は二世帯住宅で生活をすることで、今まで違う生活を送っていた家族とお互いに生活を見合うようになるんです。最初はすごく嫌でしたが、自分たちの当たり前と他の家族の当たり前って違うんだと気づくことができます!それが実はすごいメリットなのではないかと思っています。

カテゴリー: 未分類