快適に暮らせるような家になっている

省エネ住宅は家自体性能あげてエアコンはじめ家電製品のエネルギー消費抑えられるように工夫されています。自然エネルギーを効果的に活用していってここちよく過ごせる工夫をしています。エネルギー消費抑える住宅といえば、暮らしにくいイメージがありますが、省エネ住宅は自然エネルギーうまく取り入れて、二酸化炭素はじめ温室効果ガス排出おさえて、地球環境優しくて快適さ感じられるように設計されてる未来型住宅です。一般住宅に比べ建設費用などの初期費用高いですが、住んでからの光熱費が安くできてランニングコスト低く抑えられます。消費者が省エネ住宅見分ける方法に住宅省エネラベルの有無ですが、これは国土交通省、経済産業省が定めた省エネ基準クリアした住宅だけ表示でいます。そして、分譲住宅、注文住宅どちらにも表示できますが、対象になる住宅は新築一戸建てだけで長屋建て住宅、マンションは対象となりません。省エネ基準は断熱性以外西梅井などエネルギー消費するいろんな設備含め総合的に判断されます

カテゴリー: 未分類