外壁に沿って花壇を作ったのは失敗だった

ただ家本体があるだけでは殺風景なので、注文住宅を建てる際には少し緑があった方が良いと思います。だからこそ、家を建てる時にはその外壁に沿って土を入れられるようにして、ちょっとした花壇を作りました。しかし、これにもデメリットはありました。数年くらい経ってから、リビングに小さなアリがやってくるようになったのです。初めはどこからやってくるのかわからなかったのですが、よく観察してみて窓のサッシに小さな穴をあけて、そこから入り込んでいることがわかりました。そのため処置はできたのですが、夏場になるとまた別のところから穴をあけて入り込んでいることがあります。これは外壁の近く、というか外壁に接して土があるからだと思いました。もし今から注文住宅を建てられるなら、土は家から離れたところに作りたいなと思います。それか、鉢植えなら害虫被害も最小限に抑えられて、緑も映えて良い家になると思いますね。これは我が家の後悔です。

珍しい家を作るなら注文住宅

家づくりを考える時に、閑静な住宅街にあるいかにもマイホームというタイプの家を思い浮かべる人がいます。このような人は建売住宅の物件の中に、希望する家がたくさんみつかるでしょう。週末を利用してモデルルームめぐりをすれば、住みたい家が見つかる可能性が高いでしょう。一方で、テレビで取り上げられるような珍しい形の家を作りたいと考える人もいるでしょう。このような人が家を建てる時は、建売住宅の中から希望の家を見つけるという方法では難しいかもしれません。そこで注文住宅を選んでみましょう。注文住宅の場合は、家主の意向を組んで設計が行われるため、珍しい外壁の家や、見たことの内容な間取りの家を作ることも可能です。珍しい形の家は費用が高くなりがちですが、節約できる部分を節約すれば、それほど費用が高くなる事もないでしょう。このようにこだわりが強いタイプの人は、注文住宅を選んで家づくりを始めた方が希望通りの家を持ちやすいはずです。

注文住宅を作って良かったことと問題点

実家が広いので間借りをして住んでいたのですが、子供の成長とともに独立した家が欲しくなったため実家の敷地内に注文住宅を建てました。工務店と相談しながら作った間取りは気に入ってはいますが、やはり住んでみるといろいろ後悔する部分もあります。勝手口を作ったのですが、使うことが無かったので気密性を考えると必要なかったと思います。夫婦の寝室は広めに作って後で仕切れるようにしたのですが、夫のいびきがうるさすぎて同じ部屋では眠れないのでやはり初めから分けて作ればよかったです。1階はLDKのみにして広くスペースをとったのですが、やはり建売などにあるような和室をリビングの隣に作ったほうが良かったです。ちょっと横になりたい時や洗濯物をたたむスペースもLDKしかないと雑然としがちですし、和室が無い家なのでちょっと落ち着かないです。ダイニングスペースを広くとったため、食べることが大好きな家族との絆が深まり、料理もみんなでするのでとても良かったです。

マンションの管理費など重要

不動産投資も兼ねて神戸で新築マンションを探している時、価格がお手頃だな〜と思ってので購入しましたが、管理費や駐車場料金、修繕積立金など様々な費用が必要になるため、全て考慮してからマンション購入することが大切だと後でわかり、購入後にかなり失敗したと実感しました。今まで賃貸マンションに住んでいたので家賃や駐車場料金などでよく、色々と考慮せずに新築マンションを購入してしまいました。新築マンションは、眺めもよく快適ですし、新しいのでとても充実した住まい環境ですが、マンション購入時に住宅ローン以外に必要になる、管理費や修繕積立金、駐車場料金など考慮しておかねばならないと後で気づき、契約する前にそういった点をきちんと考えておかねばと後で後悔しました。住宅ローンも毎月支払っていかねばなりませんし、お給料もなかなか上がらないのでやりくりが大変になり、どうしようかと悩んでいるのので、やはりマンション購入時には総合的に考えて購入すべきです。

根気強く探せば、きっと見つかる土地!

マイホームが探すようになった理由は、何点かあります。これらの理由が色々重なったため、マイホームを探すきっかけになりました。

まず、1つめの理由が、主人が、昔からの夢である戸建てのマイホームが欲しくなったためです。

2つめの理由は、二人とも、フルタイムの共働きのため、頭金もそこそこ用意することがてきるようになったからです。

自分たちの予算にあった物件、私と主人の通勤の便利さを考えた物件、施工の建設会社が名の知れた会社であること、など、全ての希望を満たすのが、凄く大変でした。ようやく、希望の物件を見つけて申し込んだのですが、人気がある物件だしたようで、抽選に外れるという結果になってしまいました。

途中、何かの希望条件を妥協しようかとも考えましたが、根気強く、探したところ、ようやく希望に合う物件に恵まれ、しかも、抽選に当選し、ようやくマイホームを手にいれることができました。

土地やマンションは人生の中でも一番大きな買い物です。将来の不動産投資としてもメリットもリスクもあります。しかも、大きな買い物ですから、直ぐには、変えることも出来ないかと思いますので、根気強く、納得のいく物件が現れるまで、頑張って下さい。

マンション選びでは不動産屋がポイント

以前、梅田で収益物件としてマンションを購入したのですが、マンション選びをする時は、不動産屋が1つのポイントになります。私も不動産屋でマンション選びをした事がありますが、マンション物件の数が多いかがまずは大事です。
物件数が少ないですと自分が住みたいマンションが見つからない可能性がありますが、物件数が多いですとそれだけ自分が住みたいマンションが見つかる可能性が高いです。
自分が住みたいマンションが見つからない場合は、他の不動産屋に行ってみる必要があるのでマンション選びで手間取ってしまう可能性があります。
なるべくマンション物件が多い不動産屋でマンション選びをしていくのがお勧めです。私は、マンション物件が多い不動産屋でマンションを選んだのでその不動産屋で住みたいマンションを見つける事ができたのです。
また、担当者の説明力やその不動産屋のアフターフォローなども実際に体験してみて大事だと思ったのでその点も意識して、どこの不動産屋でマンションを選ぶのか決める事が必要です。

マンションの購入のときに必要なこと

おすすめの投資マンションを買うときには様々な資金が必要ですどのような費用が掛かるんでしょうか考えていきたいと思いますまずは頭金です頭金0円でも住宅ローンを組むことはできますが後々住宅ローンの負担が大きくなってきますので購入時に頭金が多いほうが後々楽に返済ができると思いますできれば物件価格の2割から3割ぐらい用意しておいたほうがいいと思いますそれと住宅購入時にかかる諸経費では不動産の登記や
借り入れ費用なども掛かります、諸経費としては申し込み証拠金は新築マンションの場合申し込み金は
2万円ぐらいからで中古の場合いらないのがほとんどのようですそれと手付け金です契約のときに売主
に支払うお金で5%から10%ですそのほか印紙税で契約金額で変わりますほかには仲介手数料中古物
件や新築物件を仲介会社を通して購入する場合仲介会社に支払う手数料です物件価格の数パーセントいりますそのほか登記費用がいります不動産登記に必要なものです司法書士に依頼する場合の費用です。

上限金額を設定した上で郊外の土地を購入!

土地や住宅の購入は「人生で一番高い買い物」であるとも言われます。自分たちが想像していたものとは違っていた!?などという理由で購入し直すことは、ほぼ不可能ですよね。ですので、我が家の場合も検討に検討を重ねた上で、購入を決めました。

長い期間、生活するのに適した土地…と考えると、一般的には、間口が広く、南向きで、キチンと整形されていて、接道が広い角地!となるのではないでしょうか。ですが、このような土地は人気が高く、値段も高めの設定です。

我が家は土地の購入に対し、際限なく資金を投入できるわけではなかったため、まずは資金の上限額を設定しました。その金額内で、生活しやすい土地を探し始めました。

交通の便が良く、駅にも近い都市部というのは割高です。我が家は駅からは少し離れた郊外の土地を選びました。郊外であれば、我が家の資金内でも、理想に近いやや広めの土地が購入できることが分かったからです。収益物件としてのメリットもあるように思いました。

ただ、郊外というのは、交通の便も悪いですし、大きな病院や大型スーパーも遠いです。それなりにデメリットもあります。

マンションの資産価値は

マンションを選ぶ際に重要な要素は立地と管理と言われています。私の関西の友人が体験した不動産投資の失敗は価格と設備を重視する余り立地を全く考慮せずに契約してしまったことです。永住目的であれば失敗にはなりませんが勤務先の場所の関係でマンションを売却したものの築浅にも関わらず購入価格の半値近くまで値下がりしてしまったのでした。実はこのマンションは駅から歩くことはできない立地なのです。バス停まで徒歩7分所要し駅まで30分あるため当然のことながら不人気マンションとなってしまいました。長い

上り坂もあるため自転車でも一定の時間が必要なのです。新築時こそ綺麗さや目新しさに加えて値引きによりなんとか完売になったのですが中古になってしまうと価格メリット以外に価値はありません。一戸建てでも遠いいと感じてしまう立地のマンションを購入することはリスク以外にありません。駅近マンションであれば同時期に販売された物件は購入時の価格を維持した状態で取引されているのです。