新築一戸建て住宅を選ぶポイント

長野市の新築一戸建ては設備の耐用年数が長く最新の技術を用いているため価格が高く、モデルハウスを見学するとスタッフに良いところを詳しく紹介してもらえました。私が選んだきっかけは家族全員が老後の生活まで安心して暮らせ、住宅ローンの期間が長くなっても維持費を減らせるため良いと感じたためです。新築は快適で揺れや湿気などにも強くて地震や台風などが起きても屋内に避難でき、同じ場所で長く安心して暮らすために最適だと思いました。
新築一戸建て住宅は多くの設備がありきちんと耐用年数や特徴を確かめ、メンテナンスやリフォームをするタイミングを決めることにしました。新築はあくまでも建設されてすぐの状態で、手抜き工事があれば失敗するためスタッフと相互確認をしました。正しく選ぶポイントは家族構成に合わせ部屋の数だけでなく、家具や家電製品などを収納できる広さであるか確かめて決めることです。新築の家は快適で落ち着けますが、価格が高いため慎重に選ばないといけないためプレッシャーがありました。

これからの住まいに欠かせないもの

ZEH住宅はこれから次々増加していって政府のエネルギー政策で2020~30年までに目指すべき住まいの形として新築住宅でZEHが取り入れるのが目標となっています。これから先を見据えてエネルギーと住まいの明かり方そして岡山市のバルの人気を考えて下さい。またZEHの一番のメリットは光熱費抑えられて、これにするには一般住宅に比べて2割以上の消費エネルギー削減や消費エネルギー以上の創エネ能力備えた住宅にする必要があり、実質的に月々の高熱費0となり、家計にやさしいです。暑いとき、寒いときエアコン、石油ヒーターを使用する人が多いです。エアコン、石油ヒーターを使用するとき二酸化炭素発生して地球温暖化になります。ですが、ZEHは高気密、高断熱住宅がベースとなり、エアコン、石油ヒーターの使用減らせて、太陽光をエネルギー資源としていて環境にやさしい住宅なのです。そして、注文住宅検討酢する方は、開放感がある窓を考えてるでしょうが、ZEHは断熱重視していますから、熱が室内はいりやすいおおきい窓は難しいです。

快適に暮らせるような家になっている

省エネ住宅は家自体性能あげてエアコンはじめ家電製品のエネルギー消費抑えられるように工夫されています。自然エネルギーを効果的に活用していって岡山市の焼き鳥屋で心地よく過ごせる工夫をしています。エネルギー消費抑える住宅といえば、暮らしにくいイメージがありますが、省エネ住宅は自然エネルギーうまく取り入れて、二酸化炭素はじめ温室効果ガス排出おさえて、地球環境優しくて快適さ感じられるように設計されてる未来型住宅です。一般住宅に比べ建設費用などの初期費用高いですが、住んでからの光熱費が安くできてランニングコスト低く抑えられます。消費者が省エネ住宅見分ける方法に住宅省エネラベルの有無ですが、これは国土交通省、経済産業省が定めた省エネ基準クリアした住宅だけ表示でいます。そして、分譲住宅、注文住宅どちらにも表示できますが、対象になる住宅は新築一戸建てだけで長屋建て住宅、マンションは対象となりません。省エネ基準は断熱性以外西梅井などエネルギー消費するいろんな設備含め総合的に判断されます

二世帯住宅のメリット・デメリット

 二世帯住宅のメリットとデメリットについてお話ししたいと思います!まず、二世帯住宅には同居型、共用型、完全分離型と様々な種類の形がありますが、私の家族は一つの家に同居するという同居型の二世帯住宅で暮らしています。私たち家族が二世帯住宅で暮らし始めて一年ちょっと。そこでわかってきたことお話します。
 まずはデメリットから。私たちの家はもともと二世帯住宅ではなく、祖父母の家に私たちが引っ越してくるという形で二世帯住宅となりました。一階は共同スペースと祖父母の寝室があり、二階に私たちの寝室などがあります。住んでみて大変だったことは、洗面所が一つしかないこと。そして、祖父母と私たちの価値観の違いです。洗面所に関しては、もともと祖父母二人が使うことを想定して作られているので単純に人数が倍以上になり、朝や夜のご飯の後の歯磨きや、女性陣のメイク時、ヘアセット時などに非常に混雑し大変です。二つ目の、価値観の違いについてはどの二世帯住宅に住んでいらっしゃる方も直面することだと思いますが、生活リズムの違い、家事の分担の仕方、孫たちのアルバイトや帰宅時間についての考え方の違いが大きいです。そこは、話し合ってルールを決めるかどちらかが考え方を変えるというやり方で何とか折り合いをつける必要があると思います。
 次にメリットをお話します。メリットとしては、お互いの生活を助け合えることが一番大きいかと思います。子供世代はまだ働いていますが、祖父母はすでに定年退職しています。祖父母もそれなりに予定がたくさんあって、お互いに車で送り迎えをしたり、岡山市の飲み放題に一緒に行ったり、家事をしたり助け合って生活できるので生活の負担も減り、楽になります。また、メリットとしてもう一点あげるとすると、生活環境が改善され、きちんとした生活が送れるようになりました。自分たちだけだとなかなか部屋の掃除をする気に慣なれなかったり、風呂掃除をずっとしていなかったり、車を洗うことも何年もしていなかったりしませんか?実は二世帯住宅で生活をすることで、今まで違う生活を送っていた家族とお互いに生活を見合うようになるんです。最初はすごく嫌でしたが、自分たちの当たり前と他の家族の当たり前って違うんだと気づくことができます!それが実はすごいメリットなのではないかと思っています。